悠久の歴史を有する中国だが、老舗企業は非常に少ない。一方の日本は社歴が100年以上の老舗企業が2万6000社もあると言われる。中国メディアの百家号は12日、中国の製造業は日本人から「短命すぎる」と見られていると指摘したうえで、日中の企業の違いについて分析する記事を掲載した。主に4つの違いがあるという。

 その1つが「追求するものが違う」ことだ。中国は「金儲け」だけを目標にしているのに対し・・・・

続きを読む