営業速度や営業距離などで世界一となった中国高速鉄道。しかし、次世代の高速鉄道といえば「リニアモーターカー」といわれており、この分野では日本の方が進んでいる。中国メディアの百家号はこのほど、「世界最長のリニア路線が7年後をめどに開通する」と伝えつつ、「それは中国ではなく、日本での話だ」と紹介する記事を掲載した。

 記事は、リニアモーターカーには高い技術が求められるうえにコストが高いため、中・・・・

続きを読む