子を思う親の気持ちは万国共通でも、子どもに対する教育方針は国によって大きく異なる。中国メディアの今日頭条はこのほど、中国人からすると「日本の子どもに対する教育方針は冷酷に映る」としながらも、「日本は幼いうちから挫折を体験させ、忍耐力を育んでいる」と紹介する記事を掲載した。

 親は子どもが少しでも良い環境で成長することを願うもので、過度のストレスや挫折によって子どもが苦しむ姿は見たくないというのが親心というものだ。記事は「中国の家庭教育は過保護の傾向が強く、結果として自主性がなく、依存型の子どもを大量生産している」のが現状だと指摘した。

 一方、過保護は良くないとされる日本では子どもに敢えて失敗をさせることもあると紹介、そのような教育は一見冷酷に見えるとしながらも、「子どもが自らの挫折から学び、勇気をもって困難に挑戦し、自立心や強さを見につけるように訓練しているのだ」と説明。たとえば、日本の親はあえて子どもにお使いを頼み、「子どもがバスに乗って買い物をして、祖父母の家に届ける」というような大きな挑戦をさせると紹介した。

 こうした挑戦は中国人からすると余りにも無謀に感じられるものの、日本では幼稚園の頃から子どもに自分でカバンを持って通園させるなど「自分のことは自分でする」という原則で育てていると紹介し、日本の子どもにとっては決して無謀ではないのだと論じた。

 中国では働く両親に代わって祖父母が孫の世話をするのが一般的であるためか、子育てが過保護になる傾向が強い。周囲の大人が手を貸して子どもの世話をし、子どもの望みは何でもかなえてあげるため、挫折や苦労から学び、成長する機会を逸してしまっている。しかし、児童誘拐が多発している中国では子どもだけで通学や外出させることは安全上の問題があるため、大人による保護が必要なのも事実であり、保護と過保護のバランスを取るのが難しい状況にあるのかもしれない。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)