中国メディア・東方網は14日、「『中華料理』と『中国料理』は何が違うのか」とする記事を掲載した。この記事における「中華料理」とは、日本人の口に合うようにアレンジされた中国の料理であり、「中国料理」とは本場中国で食べられているオリジナルの料理のことだ。

 記事は、日本の至るところで「中華料理」の看板を掲げている店を見ることができるものの、実際に入ってみると、同じ名前でも自分がイメージするものとは異なる料理が出てくることが多いと紹介。その理由は「郷に入っては郷に従え」であり、日本に入ってきた中国の料理が日本人の口に合うように改良された結果なのだとし、日本でよく知られている典型的な「中華料理」を2つ挙げて違いを説明している。

 まず挙げたのは、麻婆豆腐だ。かつて中国大陸から日本にやってきた陳建民という人物が、故郷の名物料理である麻婆豆腐を日本人の口に合うように、また日本の家庭でも作りやすいように改良したと紹介。本場四川の麻婆豆腐はトウガラシの辛さと花椒のしびれ、しょっぱさ、そして、うま味が強調されるのに対し、日本の麻婆豆腐は辛さの中に甘みを帯びているほか、片栗粉によってとろみをつける特徴を持っていると伝えた。

 次に紹介したのは、やはり四川省の伝統的な麺料理である担々麺である。記事は、本場の担々麺について、茹でた麺に、炒めた肉そぼろをかけた汁なしの麺であるとした。一方で日本の担々麺はスープがかかっているものが基本であり、麺も中国のものよりツルッとした食感であると説明した。

 近年では日本で生活する中国人が増えたこともあり、より本場に近い中国料理を手軽に味わえる機会が多くなった。日本人向けにアレンジされた「中華料理」、本場の「中国料理」それぞれに良さがある。その両方を味わうことができるというのは、幸せなことである。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:123RF)