お金儲けには敏感な中国人だが、その才能は今のところ農業の分野ではあまり発揮されていないようだ。この点、日本の農業には見倣える点が多いという。中国メディアの捜狐はこのほど、日本の農業のどのような点がどのように素晴らしいかを紹介する記事を掲載した。

 記事はまず、中国はこれまで「欧米型の農業」を目指してきたと紹介。しかし、欧米は機械化農業で耕地面積は非常に広く従事者が少ない方式のため、「現実的には日本の農業のほうが中国に近い」としている。日本の農業は条件としては不利だが、それでも「農業は強い」と称賛。日本では農家の収入が公務員よりも多いケースもあると伝え、中国との違いを強調した。

 そのうえで記事は、日本の農業は「世界を震撼させるレベル」にまで達していると分析し、日本の農業は「集中型」だと紹介した。小規模な家族農業ばかりの中国と違い、日本も2-3人の家族ごとに経営しているとはいえ「農協」があるので、それぞれの農家が小さな企業のようになっていると特殊な仕組みを伝えた。

 さらに農産品の「高い品質」を挙げた。多くの農家が1-2種類、多くても3種類ほどの農作物しか作らず、専業することで高い品質の農産物を生産できていると分析している。他にも、生産から加工、販売まで「産業チェーン」ができていることや、「付加価値」を付けて農業の6次産業化を実現させていると紹介。意欲のある生産者が、自分で生産したものを加工して自ら販売するだけでなく、そこからさらに発展させて温泉、民宿、直売所などを町ぐるみで整備すれば観光客を呼び込めるという創意工夫も見られると感心している。そうなれば、観光業も発展し、農業体験で学校からの団体客を受け入れれば教育の側面も持つようになると伝えた。

 日本の農業は、中国とは違い収入も多く中国人をうらやましがらせているが、それも創意工夫のたまものということができそうだ。「世界を震撼させるレベル」という日本の農業から中国が学ぶべきことはたくさんあると言えるだろう。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)