中国メディア・環球時報は10日、世界的なプラスチック削減の動きにより、低迷していた日本の製紙業界に大きなチャンスが巡ってきたとする記事を掲載した。

 記事は、日本では7月1日より商店におけるビニールレジ袋が有料化されることになっていると紹介。この措置は世界的なプラスチック削減の動きに対応したものであるとし、現在の状況が「暗黒に陥った日本の製紙業界」を救う可能性があると伝えた。 続きを読む