中国のポータルサイト百度に8日、米誌フォーチュンの「グローバル500」の発表が始まってからの25年間における、日本企業と中国企業のランクイン数を対比する記事が掲載された。

 記事は、中国が2006年以降米国を抜いて世界経済に最も貢献している国となり、経済規模でも米国に次ぐ世界2番めになっていると紹介。かつて世界第2の経済大国だった日本との差はますます広がっており、日本経済は1990年代前・・・・

続きを読む