近年、中国では和食を提供する飲食店が増加している。寿司(すし)を提供する店も多く見かけるようになったが、ろくに修行をしたことのなさそうな人が店主であったり、アルバイトが寿司を握っていたりすることもあるという。

 それだけに、日本人にとっての寿司は「握ったシャリの上に刺身を乗せただけのものではない」と聞いて、多くの中国人は驚くようだ。中国メディアの百家号は30日、日本では一人前の寿司職人に・・・・

続きを読む