中国メディア・金羊網は5月31日、スマートフォンをはじめとする携帯電話の使用が当たり前になった日本において、なおも公衆電話が多く設置されている理由を紹介する記事を掲載した。

 記事は、今の日本では公衆電話を利用する人は少なく、赤字経営になっているにもかかわらず、それでもなお15万8000台が現役で稼働していると紹介。その理由として、総務省が「人口集中エリアにおいては、500メートルの範囲・・・・

続きを読む