中国人にとって日本の地下鉄には驚きや感動が溢れているのだという。中国メディアの今日頭条は、ある中国人の眼に映る日本の地下鉄文化について論じる記事を掲載した。

 記事は、日本文化に親近感を持つという中国人の見解として、彼らが日本の地下鉄をどのように感じているかについて紹介。この中国人は、「駅」という概念自体、すでに日本人の生活の中に深く浸透していると説明し、日本文化ファンの中国人たちの間で人気を集めたドラマ「孤独のグルメ」でも最初のシーンに地下鉄駅が登場する回は多かったと論じた。

 続いて、この中国人にとって日本の地下鉄が「独特」と感じるいくつかの点を紹介し、1つ目の点として「静けさ」を挙げた。中国の地下鉄に比べると日本の地下鉄はまるで「図書館」にいるかのように静かであり、「針が床に落ちる音さえ聞こえる」のではないかと思ってしまうほどだと論じた。そして、乗客たちは読書やスマートフォンを見るなどして自分自身の世界に入り、他人に迷惑をかけるような行動を避けていると説明した。

 次に乗務員が示す礼儀の「すばらしさ」を挙げた。日本の地下鉄乗務員は車両から降りて他の乗務員と交代するときなどには丁寧にお辞儀をすると紹介し、この文化には「本当に驚愕した」とその感動を表現。お辞儀に反応する乗客などいないにも関わらず、この礼儀作法を長期間にわたり堅持し続けるのは非常に難しいことだと指摘し、この点から日本人が礼儀を非常に重視していることが分かるとした。

 また日本の地下鉄駅のなかには「ショッピングモール」のように買い物できる場所が充実している駅もあると紹介し、都市部の繁華街にある地下鉄駅はただ遊ぶために訪れたとしても「非常に楽しい」と絶賛した。

 日本の地下鉄には「日本らしさ」や「日本独特の魅力」がたくさん溢れているようだ。記事は、日本の鉄道や地下鉄を積極的に利用することは、日本社会とその文化の魅力を知る優れた方法の1つだと伝えている。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)