中国メディア・東方網は27日、通常中国では「ゴミ箱に捨てろ」と言われる使用済みトイレットペーパーについて、日本では「ゴミ箱に捨てずに流せ」と注意される理由について紹介する記事を掲載した。

 記事は、日本を訪れると独特な文化や習慣の数々に触れることができ、これらの体験を求めて日本を旅する人も少なくないと紹介。一方で、日本での習慣は中国と異なる部分が多く、前もって把握しておかないと恥ずかしい思いをすることになるとし、その最たる例が、トイレで使い終わったトイレットペーパーをどう処理するかだと伝えた。

 そして、これまで日本を訪れた中国人観光客の間では、トイレットペーパーを便器内に入れて流さずに備え付けのごみ箱に捨ててしまいガイドや現地人から注意を受けた人は数知れないことを紹介したうえで、日本のペーパーは水に溶けやすいようにできているため、便器に入れて流してもパイプが詰まる心配がないこと、女性トイレの個室に備え付けられている箱はサニタリーボックスであることを説明した。

 記事はそのうえで、日常生活において当たり前だと思っていること、あるいは良かれと思ってやったことが、外国では「ありがた迷惑」あるいはただの迷惑行為と捉えられてしまうことがあるため、注意が必要だと伝えた。また、これまでに中国人観光客が多く訪れた日本各観光地では、「経験」を踏まえてすでにトイレ内に中国語で「紙は便器に入れて流してください」と書かれているケースが多いと紹介。「この張り紙を見ると、恥ずかしさを覚える」としている。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:123RF)