中華料理は世界3大料理に数えられているだけあって様々な美食が存在している。日本人にとっても中華料理は身近であり、街中には安くてボリュームのある店から、本場の味を再現した高級店まで、多種多様な中華料理店が存在する。

 一方、日本には本場の中国にはない「中華料理」も存在している。中国メディアの今日頭条は25日、日本には中国人ですら見たことのない「オリジナルの中華料理」があることを紹介する記事を掲載した。

 記事はまず、日本では中華料理は多くの人に好まれていて、中華料理店だけでなく、コンビニでも中華料理の弁当が販売されているほど、日本人にとって身近な存在だと紹介。だが、日本の中華料理は一般的に中国人が期待する味ではなく、日本人の好みに調整されていて、中国人が食べても「物足りなさを感じる」と指摘したほか、中国では見かけることのない中華料理までもが存在すると論じた。

 続けて、日本独特の中華料理の例として「天津飯」、「冷やし中華」、「中華丼」を紹介し、これらは中国には存在しない中華料理であり、「日本で生み出された料理である」と伝えた。また、日本人の好みに味がアレンジされている中華料理として「麻婆豆腐」を紹介し、山椒の痺れる辛さと唐辛子のホットな辛さを意味する「麻辛」(マーラー)が日本の麻婆豆腐にはないと伝え、「中国人が食べたら物足りない味だ」と論じた。

 本場の中国料理は地域によって味付けの濃さは異なっているものの、基本的に香辛料をふんだんに使用した料理が好まれる。中でもニンニクは欠かすことの出来ない薬味で、多くの料理に使用されている。他にも「五香粉(ウーシャンフェン)」と呼ばれる万能調味料も多くの料理で利用されている。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)