日本には中国からもたらされた文化や習慣が数多く存在するが、今となっては日本人と中国人は様々な点で大きく違っていると言えるだろう。中国メディアの今日頭条はこのほど、中国人の目に映る「日本人ならではの特徴」を紹介する記事を掲載した。

 記事が1つ目に紹介した、中国人の目に映る「日本人ならではの特徴」は、「家庭よりも仕事を優先させること」だ。日本では子どもが起床する前に出勤し、子どもの就寝後に帰宅するビジネスパーソンが多く、さらに個人よりも会社や集団の利益を優先させると伝え、このように日本人が勤勉であったからこそ「戦後に焼け野原になってもすぐに復興できたのだ」と論じた。

 2つ目は「時間厳守」であると伝え、日本人は自分自身のみならず他人に対しても「時間厳守」を求めるとし、日本人と具体的な時間を決めて会う約束をした場合には、なるべく5分前には、遅くとも時間どおりに到着しておく必要があると紹介した。中国人にも時間に厳しい人はいるものの、「差不多(だいたい)」という都合の良い言葉が社会的に愛用されているためか、時間にルーズな人が多いのが現状だ。

 3つ目の「日本人ならではの特徴」は「照れ笑い」だと指摘し、日本人は英語が得意ではない人が多く、英語を話している時に照れ笑いをすると指摘。恥ずかしい時や気まずい時に笑顔を見せるのが日本人の特徴だと強調し、これは外国人から見ると不思議な行動であると論じた。

 日本人と中国人の容姿こそ似ているものの、考え方などは大きく違っていると言える。たとえば日本人が「個人よりも会社や集団の利益を優先させる」のであれば、中国人は完全に逆だと言えるだろう。また日本人は自分が周りからどう見られているかを気にするが、中国人は周りからの視線を気にしない人が多い。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)