日本の給食の起源は、明治時代にまでさかのぼると言われている。戦後全国の学校に本格的に導入されてからは、栄養面でもメニューの豊富さでもますますレベルアップしている。中国メディアの今日頭条は26日、明治から令和まで日本の給食は進化を遂げてきたと紹介する記事を掲載した。

 記事はまず、日本の給食の歴史を紹介。日本の給食は1889年に山形県の私立小学校が無料で食事を配ったのがルーツとされる。当初・・・・

続きを読む