少子高齢化が進み、労働力不足に直面している日本では多くの外国人が働いている。日本と中国では労働環境や仕事にまつわる文化は大きく異なっているが、今後も日本で働きたいと考えている中国人はたくさんいるという。中国メディアの今日頭条は23日、日本で働く際に心得ておくべきことを紹介する記事を掲載し、「日本で働くことは大きなストレスとともにするということだ」と伝えた。

 記事はまず、近年は日本円の価値が下がり、中国国内では賃金が上昇しているため、かつてに比べて「日本への出稼ぎ」は魅力が低下していると指摘する一方で、中国のネット上では「日本に3年出稼ぎに行って、中国で家を購入した」という書き込みもあることから、日本に出稼ぎに行きたいと考える中国人はまだまだ多いと紹介した。

 では、実際に日本で仕事をするためには何を理解しておくと良いだろうか。記事は日本で働くうえで知っておくべき日本の習慣として「日本人は他人に迷惑を掛けることを嫌う」ため、「時間に非常に厳しい」と紹介。それゆえ約束の時間に遅れることは許されないことだと強調し、たとえ遅刻してしまった場合は平謝りをして「言い訳」はしてはならないと論じた。

 また、日本の会社は協調性が求められると伝え、「報告・連絡・相談」いわゆる「ほうれんそう」が大切であることや、「アフターファイブ」も仕事のうちとされることも覚えておく必要があると強調した。

 他にも、日本での収入は中国と比較して額面的には3倍ほどあるかもしれないが、税金や生活費などの支出額も多く、「思っていたほど貯金が出来ないかもしれない」ことも考慮する必要があることだと強調。そして「日本で働くことによるストレスは極めて大きいことは事前に知っておくべきだ」と伝えた。

 中国では経済発展と共に賃金が上昇しているが、それ以上に物価が上昇しているがゆえに、中国でも大きなストレスを抱えながら生活している人は少なくない。夢を抱いて日本に出稼ぎに行きたいと考える中国人は多いようだが、デメリットもよく考えて決定する必要がありそうだ。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)