急速な経済成長を遂げた中国では、日本について「もはや衰退した」という論調が主流となってきている。しかし、中国メディアの百家号は16日、「中国が科学技術で学ぶべきなのは、米国ではなく日本だ」とする記事を掲載した。日本が衰退したというのは大きな誤りだと指摘している。

 記事はまず、日本衰退論を「過去50年間で世界最大のうそ」だと指摘。2015年にトムソン・ロイターが選出した「世界で最も革新的・・・・

続きを読む