中国では高速道路にあるサービスエリア(SA)はトイレ休憩をしたり、小腹を満たしたりする程度の場所であり、わざわざSAを目指して人が訪れることはない。

 一方、日本では「観光地化」しているSAも存在し、魅力的なSAを訪れるためだけに高速道路を利用するという人もいるほどだ。中国メディアの百家号は23日、日本と中国のSAを比較すると「その差は非常に大きい」と強調する記事を掲載した。 続きを読む