中国メディア・東方網は20日、日本の伝統的な木靴である下駄について紹介する記事を掲載した。

 記事は、日本を旅行していると和服に身を包み、下駄を履いて歩く人を時々見かけると紹介。日本ではお祭りや正式な場などで和装をすることが今でも多く、下駄は和装の中で重要なアイテムだとした。そして、日本の下駄文化はすでに1000年以上の歴史があり、日本が守り続けている伝統文化なのだと伝えた。 続きを読む