日本を訪れた中国人の多くは、日本人について「自己管理がしっかり出来ている」と評価するが、具体的にどのような行動からそう感じるのだろうか。中国メディアの百家号はこのほど、日本人は「誰かに指示されたり、監視されたりせずとも、自分の道徳規準に沿って行動することができる」と伝え、だからこそ日本人は「自己管理能力が高い」と言えるのだと論じる記事を掲載した。

 記事はまず、日本を訪れた経験があれば、「日本人は自律心が強く、自己管理能力が高いと感じたはずだ」と主張し、たとえば公共交通機関を利用している際、大声で話をしている日本人はおらず、小さな子どもですら礼儀正しく振舞う様子が見られると紹介。こうしたことから「日本人の自己管理能力の高さが垣間見える」と伝えた。

 続けて、日本人の自己管理能力は「一人」になった時に真価を発揮すると論じ、「誰からも監視されていなくても、自分の道徳規準に沿って行動することができる」ことを、ゴミをポイ捨てする人が少ないことを例に挙げて紹介した。

 さらに記事は、自己管理能力は自然に身に付くものではなく、学ぶことで身につけるものだと伝え、日本では幼い頃から子どもだけで登下校し、ランドセルは当然子ども自身が背負い、上履きや学校で使う荷物なども自分で持ち、さらにはランドセルの中身も自分自身で管理していると紹介。日本ではこうやって幼い時から自己管理能力を培うように教育されていると伝えた。

 一方、中国では小学生の送り迎えは保護者が行うことが一般的で、しかも勉強道具などの荷物は保護者が持ってあげるのが当たり前だ。中国は日本以上に学歴社会であり、保護者はその労をねぎらっているつもりだろうが、こうして甘やかして育てることで自己管理能力のない大人が多くなっているという。自己管理能力は自然に身に付く特質ではないゆえ、幼い頃からの習慣が大人になってからの能力の差に繋がっているのだろう。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)