日本に興味を持ち、近年は日本を旅行で訪れる中国人が増加してきたことは事実だが、中国では歴史問題や領土をめぐる対立を理由に、日本や日本人に対して良くないイメージを抱いている中国人は今なお数多く存在する。

 また、中国では日本について正確ではない情報が広まっていることも多く、日本に対して誤解や間違った思い込みをしている中国人が少なからず存在しているのも事実だという。中国メディアの今日頭条はこのほど、「中国人は日本をどれだけ正確に理解しているだろうか」と問いかける記事を掲載した。

 記事は、日本について「強者に媚び、弱者をいじめる国」というイメージを持っている中国人は多いと主張し、かつて中国に学びながらも、学ぶ対象を欧米に変化させると中国に攻め込んだと主張。

 また、日本が欧米から学んできたことは「降伏」の現れであるとみなす中国人は多いと伝える一方で、実際は学ぶ課程で既存の文化や習慣をすべて放棄するのではなく、既存の文化と新しい文化を上手に融合させて継承してきたと強調し、「強者に媚びる国」というイメージは、実際には日本人の危機意識の高さゆえの学習能力の高さであると主張した。

 さらに記事は、日本は資源が少ない国というイメージがあると紹介し、それは一部では正しいものの、少ないのは原油や鉱物資源などの「天然資源」であると指摘。日本のアニメや音楽に触れながら育った中国人が多いことからも分かるとおり、「日本は文化の輸出強国」であり、ソフトパワーという目に見えない強力な資源を持つ国であると指摘した。

 結論として記事は、中国では日本について「敵」と考える人が存在するとしながらも、偏見を捨てて日本を見てみれば「ライバル」であり、「学ぶに値する国」であることがわかると主張した。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)