中国の建物は一般的に窓に金属製の格子が設置されているほか、玄関の扉も二重の防犯扉になっているのが一般的だ。また、銀行の窓口にも格子があり、タクシーでも運転手と客の間には間仕切りがあって、乗客は運転手に直接触れることはできない仕様となっている。

 日本では見られない防犯扉や窓の格子の存在は、「日本と中国の治安状況の差」を示していると言えるだろう。中国メディアの今日頭条はこのほど、日本は世界有数の治安の良い国であることを紹介する記事を掲載する一方、そんな日本でも外国人が気をつけなければならないこともあると論じる記事を掲載した。

 記事はまず、日本は治安の良い国であることは世界中の人が認める事実であるとし、治安の良さは外国人旅行客にとって「安心して日本を旅行できる要因となっている」と強調。だが、時に旅行者も予期せぬ出来事に巻き込まれてしまうと伝え、予期せぬ出来事の1つとして「日本は雨傘が盗まれやすい」と主張、傘はコンビニなどでも売られていて、比較的安いものであるため「盗む側も罪悪感がないようだ」と論じた。

 また中国人の間でも人気がある温泉や銭湯を体験する際にも「貴重品は脱衣篭ではなく金庫やフロントに預けるように」と勧めたほか、繁華街では悪質な「客引き」や「ぼったくり」がないわけではないため注意が必要だと論じた。さらに、公共交通機関に乗車中、携帯電話で「通話」したり、喫煙所以外で「喫煙」したりすることは日本ではマナー違反にあたるため、トラブルを避けるためにも気をつけなければならないと強調した。

 中国では多くの人が窃盗や盗難については気を配っているが、携帯電話での通話や路上喫煙はごく普通の光景であり、日本とは大きく感覚が異なっている。それゆえ、不必要なトラブルに巻き込まれないためにも日本の習慣や規則についてある程度理解しておくことは必要だろう。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)