中国メディア・東方網は15日、アジアの企業時価総額ランキングで上位の大半を占める中国が、今なお製造業において日本に太刀打ちできない理由について考察する記事を掲載した。

 記事は、昨年のアジアにおける企業の時価総額ランキングで、中国および台湾の企業がトップ10のうち8つを占め、残りの2つを日本と韓国が分け合ったと紹介。1位は中国企業であり、その時価総額は5000億ドルを超えていると伝えた。・・・・

続きを読む