中国では東洋医学が浸透しており、身体が本来持つ機能を保ち、バランスの崩れを防ぐことを重視する人が多い。東洋医学では身体を冷やすことは基本的良くないこととされるため、夏でも冷たい飲み物を避ける人は珍しくない。

 中国メディアの百家号はこのほど、日本人は中国人と違って「氷の入った冷水を飲むことを全く厭わない」と伝え、「日本人は全く身体をいたわっていない」と驚きを示す記事を掲載した。

 中国人なら誰もが知っている健康法といえば「白湯を飲むこと」であり、風邪でも胃痛でもとにかく白湯を飲むことで身体を温め、代謝を促すことが大事だとされている。記事は、日本を訪れた中国人旅行客は「日本では食事の際、真冬でも氷の入った冷水が提供される」ことを見て衝撃を受け、理解に苦しんだものだと論じた。

 続けて、日本人の冷水を飲む習慣は中国人の概念にある健康法に真っ向から反するものだが、それなりの理由があると説明。かつて日本では「氷は保存や運搬が困難なゆえ貴重だったため、客人をもてなす特別なもの」だったと強調。さらに、日本人は「飲食に対するこだわりが強く、日本の水道水は直接飲むことも可能だが、氷を入れた方が口当たりが良い」として好まれていると伝えた。

 そもそも、日本人からすると冷水を飲むことが身体に悪いという感覚はなく、喉が渇いた時に冷たい飲み物が欲しくなるのは普通のことだろう。しかし、中国では東洋医学の考え方に加えて、日本のように水道水を直接飲むことができず、一度沸騰させてから飲む必要がある。中国人は日本で「冬でも冷水」が提供されていることに驚くが、逆に日本人は「中国では夏でも常温のビールや白湯が提供される」ことに面食らうことになるだろう。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)