中国メディア・東方網は14日、日本のサッカーがアジアはもちろんのこと世界でも通用する実力を持っていることを示す数字がまた1つ出現したと報じた。

 記事は、スイスのサッカー関連調査機関CIESによる報告により、日本サッカーが再びアジア、ひいては、全世界にその存在感を示したとしたうえで、同機関が昨年世界の132のトップリーグ、2部リーグに所属する選手5万5865人の国籍別内訳を調べたところ、・・・・

続きを読む