中国では児童誘拐事件が多発しており、一部では年間20万人もの子どもが行方不明になるとも言われている。中国では子が誘拐されることを恐れ、小学生の時はもちろん、場合によっては中学生になっても学校まで送り迎えをする保護者が多い。それゆえ、登下校の時刻になると、学校の周辺は保護者の車や電動バイクでごった返す光景が日常となっている。

 一方、日本の子どもたちは小学生の低学年であったとしても子どもたちだけで登下校していると聞いて、多くの中国人は驚くという。中国メディアの今日頭条は10日、日本の子どもたちは保護者に送り迎えしてもらうことはないと紹介する記事を掲載し、「日本の誘拐犯に対する処罰がどのようなものか理解すれば納得できる」と伝えた。

 記事はまず、中国では学校への登下校時に保護者が送り迎えをするのが「当たり前」のこととなっていると指摘する一方、日本では逆に子どもたちが自分の足で登下校するのが「当たり前」だと強調し、「この違いはどこにあるのだろうか」と疑問を提起した。

 続けて、中国と違って日本で児童誘拐事件が少ないのは「日本では誘拐犯はもちろんのこと、誘拐された子どもを買ったほうにも重い刑が課される法律があるためだ」と分析。また、子どもへの安全教育や、友人同士で一緒に登下校する仕組みで子どもの安全を確保する取り組みも行われていると伝え、中国は「子どもを守るために、学ぶべき点がたくさんある」と強調した。

 中国でも当然のことながら誘拐は犯罪行為であり、誘拐犯に対する罰則も存在するが、誘拐された子どもを購入する側は刑事責任が問われないようで、これが中国で誘拐事件が多発する理由なのかもしれない。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)