中国では児童誘拐事件が多発しており、一部では年間20万人もの子どもが行方不明になるとも言われている。中国では子が誘拐されることを恐れ、小学生の時はもちろん、場合によっては中学生になっても学校まで送り迎えをする保護者が多い。それゆえ、登下校の時刻になると、学校の周辺は保護者の車や電動バイクでごった返す光景が日常となっている。

 一方、日本の子どもたちは小学生の低学年であったとしても子どもた・・・・

続きを読む