中国は改革開放の経済政策を始めてから目覚ましい発展を遂げ、2010年に国内総生産(GDP)で日本を追い抜き、世界第2位の経済体となった。18年のGDPを比較すると、中国は13兆ドルを超えていたのに対し、日本は約5兆ドルと、すでに2倍以上の差がついている。

 日本は1994年から5兆ドル前後をずっとキープしているのに対し、中国は右肩上がりでずっと増加を続けており、日本とは対照的に急速に発展・・・・

続きを読む