極めて短期間で飛躍的な発展を遂げた「中国高速鉄道」について、中国国内では「中国を代表する名刺的な存在になった」と胸を張る意見がある一方で、中国高速鉄道はこれまでに知的財産権などを巡って様々な物議を醸してきたのも事実だ。

 中国メディアの網易は8日、中国高速鉄道はこれまで国外で「パクリ」、「赤字運営」、「新植民地主義」などと批判されてきたと伝えつつ、こうした批判に対して反論する記事を掲載し・・・・

続きを読む