中国メディア・東方網は5日、「日本のラーメンはどうしてこんなに高いのか、その制作過程を見てこそ初めて理解できる」とする記事を掲載した。

 記事は、日本のラーメンは中国でも有名であり、その人気は日本国内や中国に留まらず世界的に広がっていて、多くのファンを抱えていると紹介する一方で、「日本のラーメンはおいしいほかに、値段が非常に高いという特徴を持っている」と伝えた。

 そのうえで、スープ、麺、シンプルな具からなる日本のラーメンの値段が高い理由について、その見た目から知ることは難しいものの、実際にラーメンを作る工程を知りさえすればすぐに分かるとした。そして、日本のラーメン作りで最も時間が費やされるのは実はスープであり、ベースを作るのに骨や野菜を入れて長時間煮込む必要があると紹介している。

 また、長時間煮込んだだけではスープは完成せず、そこにさらに油脂や別に作ったタレなどを入れてようやくスープができあがるのだと説明した。また、麺についてもスープに合う食感になるように太さや硬さが細かく調整され、ゆで方にもこだわりが見られるとした。

 さらに、数少ない具の1つであるチャーシューについても「料理人が手間暇をかけて調理した結果できたものであり、口に入れた時の食感はハムに比べてはるかに綿密である」とし、スープ、麺、具いずれについても長い時間かけて作られていることを考えれば、日本のラーメンの値段が高いのも納得であるとの見解を示した。そして「値段相応の質、という言葉以上にピッタリな形容はない」と伝えている。

 中国では麺料理や肉まん、ギョウザなど小麦粉を使った料理はかなり安価で食べることができる。このため、物価の違いを考えたとしても中国の人にとっては日本のラーメンの値段は高めという印象になるようだ。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:123RF)