中国では都市部であっても「生鮮市場」が身近にあり、日常的に食材を購入する場所としてなくてはならない存在となっている。生鮮市場では一般的に野菜や魚貝類、肉類など様々な食材が販売されているが、あたりには生臭い臭いが充満していたり、虫が飛んでいたりと、決して清潔な状態が保たれているとは言い難いのが現状だ。

 中国メディアの百家号はこのほど、日本の生鮮市場は非常に清潔であり、中国の生鮮市場とは全く違うと紹介する記事を掲載し、「日本の生鮮市場を見て初めて、清潔さとはどのような状態を指すのかを知った」と論じる記事を掲載した。

 記事は、日本を訪れた中国人観光客は「誰もが日本の清潔さに驚いたものだった」と伝えつつ、清潔さが最も如実に表れていた場所が「生鮮市場」であったと強調。そして、もし将来的に日本を訪れる機会があるならば「日本の生鮮市場を訪れてみれば、真の清潔さとは何かを知ることができるはずだ」と論じた。

 続けて、日本の生鮮市場では、売り物が整然と並べられているだけでなく、生ものであっても生臭さはほとんど感じられないと強調。中国のように虫が飛んでいたり、嫌な臭いが充満していることもなく、また地面に不衛生な水たまりが存在していることもないため、清潔さとはどのような状態を指すのか知りたければ、日本の生鮮市場を訪れるべきであることを伝えた。

 中国では身近な場所に生鮮市場があり、スーパーよりも新鮮な商品を入手することができるゆえ、普段から買い物の場として賑わっている。だが、多くの生鮮市場は風通しが悪く、生臭さが充満するなど、決して衛生的ではないのが現状だ。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)