中国メディアの今日頭条は24日、5回の訪日経験を持つという中国人女性の見解として、自身が日本旅行のリピーターになってしまった理由について紹介する記事を掲載した。

 記事の中国人筆者は、訪日旅行のリピーターとなった理由は「きわめて個人的な意見」だとしつつも、「日本には中国人が何度も訪れたくなる特色があるのは事実」と主張。たとえば、「日本ではごみ1つない美しい海辺の景色が楽しめる」と指摘し、日本と中国は海を隔てただけの隣国であるため、多くの中国人は訪日前、「日本と中国で海辺の景色には違いがない」と思っていると紹介する一方、「沖縄をはじめ、日本には驚くほど美しい海があることに衝撃を受けてしまう」と伝えた。

 また2つ目の理由は、日本で街歩きをしている時の快適さであり、「日本のドライバーは歩行者を優先してくれる」と強調。道を歩いて渡ろうとするれば、車が自発的に停車して道を譲ってくれるが、「このようなことは中国では考えられないこと」と指摘し、このような安心感が日本旅行の魅力につながっていると論じた。

 「食事」は旅行の醍醐味の1つだが、「日本で食べる食事の美味しさ」もリピーター獲得に一役買っていると指摘。特に、日本の「お米」の美味しさは感動的だというが、「中国で日本米を炊いても、ここまで美味しく感じないのは不思議」でもあるという。また、日本では売られている家電製品の種類が多く、「特に美容家電は中国に無いものばかり」で、中国人女性からすると、日本の家電量販店は「美しくなるための家電」の宝庫に感じられるようだ。

 日本は何度訪れても飽きない魅力があると感じている中国人は少なくないだろう。新型コロナウイルス感染症が1日も早く終息し、再びインバウンド業界が盛り上がることを願うばかりだ。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)