旅行で日本を訪れる中国人の増加を背景に、中国では日本のイメージが飛躍的に向上したと言えるだろう。中国メディアの今日頭条は24日、日本旅行に行くと皆口々に中国とは全然違うと言うが、「日本はそんなに良い国なのか」と題する記事を掲載した。

 日本を旅行で訪れた中国人は、日本のどんなところが「中国とは本当に全然違う」と感じるのだろうか。記事は「細部によく気が配られている」と指摘、その幾つかを紹介している。例えば、階段などにある「手すり」1つとっても、高さが異なる2つの手すりが設置されていて、子どもや高齢者など、高い手すりが届かない人が使えるように低い場所にも設置されていると指摘。さりげない親切な設計に感動している。

 また、歩行者用信号にも障がい者用ボタンがあって、ゆっくりと渡れるようになっていると紹介。これは青延長用押ボタン付き信号機のことを指しているようだ。このボタンを押すことで、歩行者青時間の延長を行うことができるので高齢者にも優しい機能となっている。日本の信号はバリアフリー化が進められており、他にも多くの場所で視覚障がい者のための音響式信号機も設置されている。

 記事はさらに、日本はどこもきれいだが、それは「環境を守ろうとする一人ひとりの意識が高い」ためだと称賛。ごみが落ちていると自分の出したごみでなくても拾う習慣が付いていて、「しかも分別して捨てる」と感心している。中国の街もきれいになってきているが、朝から晩まで勤勉に働く清掃員たちの貢献度が大きい。ごみをポイ捨てする人はいても清掃員以外で自主的に「ごみを拾う人」まではいないので、確かに「日本とは本当に違う」と言えるだろう。

 記事に対して、「日本から帰ってくるとみんな日本を称賛する」といったコメントが多く寄せられていた。「黄色人種の誇り」、「文明の高さは世界で認められている」、「文明の差がありすぎる」など日本を高く評価するコメントが並んだ。中国も表面上は発展してきたものの、「細部まで」目が行き届くようにする点では、日本から学ぶことは多そうである。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)