中国メディア・今日頭条は24日、「教育強国がどれほど重要かは、日本がたどってきた道を見れば分かる」とする記事を掲載した。

 日本のおける教育について記事はまず、江戸時代の状況を紹介。徳川幕府の治世の下で社会が安定し、商品経済が発展したことにより人びとが読み書きそろばんといった教育の重要性を意識し始めたとしたうえで、幕末になって欧米から開国を迫られる事態になると一層教育や科学技術の必要性を・・・・

続きを読む