遣隋使や遣唐使の存在から分かるとおり、日本と中国は長きにわたって交流を続けてきた。古代においては、日本が中国から先進的な事物を学び、取り入れるのが日中交流の主たる目的だったと言える。

 中国メディアの今日頭条はこのほど、日本と中国の交流や日本の中国に対する態度の「変遷」から、1つの真理が見て取れると論じた。その真理とは「弱ければ、叩かれる」というものだという。

 記事・・・・

続きを読む