日本と中国の小中学校に関することで大きく異なっている点の1つに「昼食の時間」を挙げることができよう。日本の公立学校では給食制度があって、児童生徒は学校で昼食を取ることができるが、中国では学校に併設されている食堂で食事をとったり、自宅に戻って昼食を食べたりするのが一般的だ。

 中国メディアの今日頭条はこのほど、日本の学校給食を紹介する記事を掲載し、「日本は給食制度を通じて、子どもたちに教育・・・・

続きを読む