大企業だろうと中小企業であろうと、働き手の不足が深刻化している日本。このため、最近の日本では高齢者や女性の積極的な雇用のほか、外国人労働者の受け入れにも前向きだ。中国メディアの今日頭条はこのほど、日本で仕事をするのはそれほど理想的なことではないとする記事を掲載した。

 記事はまず、人手不足の日本は「働き口がたくさんある」と紹介。多くの飲食店で「人材募集」の張り紙を見かけると伝えた。しかし、実際に日本で働くことは「理想的」なことではなく大変なことが多いのだという。記事が指摘したのは「長時間労働」、外国人からすると理解に苦しむ「人事評価」、「言葉の壁」、それに飲み会などの「付き合い」、思いのほか「高くない給料」、そして、厳しい「在留資格」で、日本で働く外国人にとってこれらは頭の痛い問題になっているとした。

 記事の中国人筆者は、現実離れした期待を抱かせないために、あえて厳しい現実を紹介したのだろうが、記事に対して日本で働くことのメリットとデメリット、そして、中国との正確な比較をするべきだという批判が多く寄せられた。今現在日本で働いているというユーザーは「残業もあまりなく、人間関係も良好で、休みも多く毎日働くのが楽しい」と実体験を紹介している。

 また、「仕事に天国はない」との意見や、中国と比べて「日本ではまじめに働けば良い収入を手にできる」、「中国の職場はつらさが違う。給料も年末にならないと入らない。しかも全部はもらえないのだが、日本もそうなのか」と、けた違いの中国のブラックぶりを指摘する人もいた。こうして中国と比較してみると、やはり日本での仕事は「理想的」なのかもしれない。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)