日本の新幹線方式を採用したインド西部の高速鉄道建設計画。当初計画では2023年の開業を予定していたが、5年ほど開業が遅れる見込みだと報じられている。中国メディアの今日頭条は15日、日本はインドの高速鉄道計画を受注したことを後悔しているだろうと主張する記事を掲載した。

 記事は、日本は受注を獲得するために円借款を供与し、さらに償還期間50年、利子率年0.1%という破格の条件を出したことを指・・・・

続きを読む