中国メディア・今日頭条は17日、「100年前に大流行したインフルエンザを鎮めるために、日本人は2年の時間を要した」とする記事を掲載した。

 記事は、現在日本では新型コロナウイルスの感染者が1日数百人というペースで増えており、日本政府は16日に全国を対象に緊急事態宣言を発令したと紹介。多くの人が新型ウイルスがいつ収束するのかを議論しているが、どんな専門家も断言できない状況だとしたうえで「実は、100年前に大流行したスペイン風邪が参考になるかもしれない。日本はスペイン風邪を抑えるのに2年の時間を要したのだ」と伝えた。

 そして、1918~20年に世界で大流行したスペイン風邪は18年9月末から10月初めごろに船に乗って日本にも入り、やはり大流行を巻き起こしたと説明。当時の内務省が22年にまとめた報告によれば、18年~21年にかけて3回の流行が発生してようやく収まったとし「このような伝染病は決して1回の流行で終わるものではなく、数回の波が来て終わることが見て取れるのだ」と紹介している。

 また、流行当初に感染、死亡した人の多くは身体虚弱者だったものの、感染の拡大に伴って若い人が死亡するケースも増えており、この点は現在世界で流行している新型コロナウイルスと似ているとしたほか、スペイン風邪では第一波よりも第二波のほうが深刻化したと伝えた。そのうえで「もしスペイン風邪の経験を持ち出すのであれば、新型ウイルスにも感染爆発の第二波が存在し得る。仮に夏に第一波が抑えられたとしても、第二波がやってくるかもしれない」との見解を示した。

 記事はさらに、スペイン風邪が流行した際に日本国内でまず取られた対策が、今回と同様学校の休校だったと紹介。一方、当時の日本の医療体系は十分とは言えなかったために、医療崩壊が発生したと伝えた。また、最後には「おもしろいことに、スペイン風邪の流行時もマスクを高値で販売する人がいた。100年経っても変わらないのだ」とした。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:123RF)