日本は1968年に国内総生産(GDP)で世界第2位となって以降、42年にわたってその座を維持し続けてきたが、2010年に中国が日本を追い抜き、3位に転落した。中国はその後も経済成長を続け、今や日本と中国の差はドルベースで3倍弱の水準にまで拡大した。

 中国経済はすでに世界に大きな影響力を持つに至ったのは間違いないが、中国は自国について「先進国」ではなく、「途上国」であると主張している。こ・・・・

続きを読む