日本ではあまり使われないが、中国語には「牛羊肉」という言葉がある。これは牛肉と羊肉の総称であり、牛肉も羊肉もどちらも好んで食べる中国社会では日常的に使用される言葉だ。中国では羊肉を取り扱う飲食店はいくらでも存在し、中国人にとって羊肉は極めて身近な肉した食であるゆえ、日本ではあまり羊肉が食べられていないことが不思議であるようだ。

 中国メディアの百度は7日、「日本人は牛肉を好んで食べるのに、なぜ羊肉となるとほとんど食べないのか」と題する記事を掲載した。

 記事は、多くの中国人は日本のテレビドラマなどを通じて「日本人は牛肉を好む」ということを知っていると紹介。中国の食文化に照らせば、牛肉を食べるのであれば羊肉も好んで食べそうなものなのに、日本人は「羊肉をあまり食べない」のが現状であると説明した。

 これは中国人にとってとても不思議に感じる食文化のようだが、牛肉は好んで食べるのに羊肉を食べないのはなぜだろうか。記事の中国人筆者は、日本現地のツアーガイドに訊ねてやっとその理由を理解できたと説明し、それは「日本人はあっさりした味を好む」という点と、「羊肉の生臭さ」という点が好まれない理由ではないかと論じた。また、日本は国土面積が小さく、羊のための土地までは確保できないという事情も関係しているのかもしれないと主張した。

 北海道では羊肉が比較的身近なものの、他の地域ではスーパーに羊肉が並ぶことは少なく、確かにあまり食べられていないと言えるだろう。しかし羊肉の事例とは逆に、中国人が食べないものを日本人が食べることに驚く中国人もいる。例えば「とろろご飯」を好んで食べる日本人は多いが、ナマでドロドロした山芋をご飯にかけて食べることが生理的に受け付けないという中国人は多い。日本と中国には似た文化が多く存在するが、食文化においては相違点の方が多いのかもしれない。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)