中国メディア・今日頭条は9日、日本を代表するショッピング街として中国人にもお馴染みで、かつて「爆買い」ブーム時には中国人観光客であふれかえった東京の銀座について、「実は日本全国に345カ所もの銀座が存在する」と紹介する記事を掲載した。

 記事は、江戸幕府誕生時に銀貨の鋳造所が設置されたことからその名がついたとされる銀座の歴史を紹介。明治時代には「ガス灯」が真っ先に設置されて文明開化を象徴・・・・

続きを読む