中国メディア・東方網は7日、「日本の自動車業界はどうして米国を抜き去ることができたのか」とする記事を掲載した。

 記事は、日本の自動車業界が戦後急速に発展して米国を抜き去り、世界トップクラスの実力を持つに至った要因として、政府による積極的な保護、助成政策や国内外市場の環境、企業による技術と資本の蓄積、専門化と競争制度を組み合わせたピラミッド式の産業構造といった点を挙げた。
<・・・・

続きを読む