目覚ましい経済成長によって豊かになった中国人にとって、海外旅行はもはや手の届かないものではなくなり、休みのたびに海外に出かける人も珍しくなくなった。

 日本人も中国人も同じように海外旅行に出かけているわけだが、中国人からすると日本人と中国人の「渡航先における待遇」には大きな違いがあるのだという。中国メディアの今日頭条はこのほど「日本人は海外で歓迎されるのに、なぜ中国人は日本人と同じ待遇を得られないのか」と疑問を投げかける記事を掲載した。

 記事は、日本と中国の文化や風習には似通った点が数多く存在し、目上を敬い、礼儀を大切にするという道徳観も似ていると主張する一方、日本人は海外で非常に良い待遇を受ける傾向にあるのに対し、中国人はそうではないと主張、日本人と中国人が国外で異なる待遇を受ける背後には3つの原因があると主張した。

 まず1つ目の原因は「日本人の民度が高いこと」にあるとし、中国人の民度が向上するスピードは「経済発展のスピードに追いつけておらず、国外では中国人はどこでも痰を吐き、列に割り込み、公共の場で大騒ぎすると不満の声があがっている」と指摘。一方、日本人はこのような行動を取らず、国外でも礼儀正しく振る舞うため歓迎されるのだと主張した。

 続けて2つ目の原因は「日本製品と中国製品の品質の違い」にあるとし、高品質な日本製品の存在が世界における日本のイメージを高めていると主張。逆に、中国製品は「中国人からしても、低品質の代名詞」であり、低品質な中国製品が中国の国家イメージを傷つけているのは間違いなく、それが中国人の待遇につながっているのではないかと主張した。

 さらに記事は3つ目の原因として、「日本文化の影響力の大きさ」を挙げ、日本の漫画やアニメなどは世界中に多くのファンを抱えていると指摘。こうした文化は無意識のうちに日本に対して好印象を持たせることにつながると主張し、それが日本人の海外における好待遇につながり、結果として日本人と中国人の待遇の差につながるのではないかと考察した。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)