世界第2位の経済体となり大きな経済力を有するようになった中国では、近年海外企業の買収が増加している。その主なターゲットはドイツをはじめとした欧州企業で、2008年からの10年間でEUにある企業の360社が中国企業によって買収されたという。中国メディアの今日頭条は3日、5年間にわたって海外で爆買いしてきた中国は1980年代の日本に似ているか分析する記事を掲載した。日本の二の舞になるかどうか論じている。 <・・・・

続きを読む