中国メディア・東方網は5日、中国の抗日ドラマで「日本鬼子」役として多くのドラマに出演してきた日本人俳優・黒木真二氏が、日本の新型コロナウイルス感染対策について「中国の措置を見習わなければ手遅れになる」との考えを示したと報じた。

 記事は、抗日ドラマで日本の将校役をたびたび演じてきた黒木氏がこのほど、日本の市民が新型ウイルスを軽視していると主張する文章を発表したと紹介。「直ちに中国に学んで・・・・

続きを読む