日本は輸入農作物に対して厳しい基準を持っている。そのため、日本に輸出しようとする外国の農産物にとってはハードルが高いが、日本ではある企業が中国で100ヘクタールの耕地を20年契約で借り農業分野に進出するという試みを実施した。しかし結局10年で撤退することになったのだが、中国メディアの今日頭条は15日、汚染された土壌改良に5年もかけたのになぜ、と惜しむ記事を掲載した。残念なことだが、ここから中国企業が学ぶこと・・・・

続きを読む