日本の住宅には木材や畳などが使われていて、独自の特色がある。中国ではレンガやコンクリートが多用され、内装も壁はコンクリートにペンキを塗っただけ、床は木や畳でなくタイル張りというのが一般的だ。中国メディアの今日頭条はこのほど、「なぜ日本の住宅は床をタイル張りにしないのか」と題する記事を掲載した。

 日本ではタイルの床が少ない理由として記事は、「日本人は家に入るときは靴をぬぐから」と分析。生・・・・

続きを読む