清朝末期から中華民国初期に活躍した魯迅は1902年に国費留学生として日本の東北大学に留学した経歴を持ち、中国に戻ってからは小説家、思想家として活躍した人物だ。魯迅の思想は中国に大きな影響を与えたと言われている。

 中国メディアの今日頭条はこのほど、魯迅はなぜ「中国には数千年の古ぼけた文明以外には何もない」、「中国人は日本に学ばなければならない」と述べたのかと問いかける記事を掲載した。 ・・・・

続きを読む