中国メディア・東方網は3月31日、中国のIT大手アリババのクラウドサービス・アリババクラウド(阿里雲)が開発した新型コロナウイルス肺炎のAI画像分析技術について、日本で導入に向けた動きが進んでいると報じた。

 記事は、日本の医療向けクラウドサービス企業である日本ブレーンが、アリババクラウドの新型肺炎AI分析技術を正式にリリースし、医師にCT画像を用いた新型肺炎の分析データを提供すると伝えた。

 そして、同社が「医師はクラウド端末システムを通じて、新型肺炎のAI補助技術を得る。新型ウイルス感染の疑いがある患者のCT画像をアップロードすることで、すぐに分析結果が示される。この技術で医師たちの負担が軽くなることを望む」と説明したことを紹介した。

 記事によれば、この技術はすでに湖北省武漢市の火神山病院など中国国内約170カ所の病院で利用されており、CT画像分析はわずか20秒で完了するとのこと。臨床診断例は34万件を超え、正確度は96%に達しているという。

 東方網の記事は、この技術が日本でもすぐに臨床診断で用いられるような伝え方をしているが、日本ブレーンによれば、新型コロナウイルスの臨床研究を行う公共機関や医療機関に無償で提供するとのことである。

 ワクチン開発、特効薬の開発、診断技術の開発と、日本をはじめとする各国で現在、新型ウイルスに関する様々な研究開発が急ピッチで進んでいる。これらの研究成果が実際の効果を生むことを期待しつつ、われわれは感染拡大を少しでも食い止める行動を続けなければならない。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:123RF)