コメは日本を含め、多くの国で主食として食べられており、それぞれの国に独自の食べ方が存在する。中国メディアの新浪は22日付で、日本人のコメの食べ方は独特だと伝え、「中国では見られない食べ方も多い」と論じる記事を掲載した。

 記事は、コメは多くの中国人にとって身近な食べ物であり、ふんわりと炊き上げたご飯は「それだけで1つの美食」であると主張する一方、日本や韓国、インドなどコメを主食とする国にはそれぞれの食べ方があるが、「日本には特に独特な食べ方」があると指摘した。

 続けて、中国人から見て特別と感じられる食べ方の1つに「卵かけご飯」があると紹介。日本人は中国人と違って生食を好むが、「刺身と同様に火を通していない生の卵をご飯にかけ、醤油を少し垂らして食べる」と指摘し、生モノをほとんど食べない中国人からすれば「極めて特別な食べ方」であることを強調した。

 次に「お茶漬け」を紹介。これはその名のとおり「お茶を注いだご飯である」とし、海苔や梅干しなどを入れることもあると説明。簡単ですぐにできる料理だが、こうした食べ方は中国にはなく、おお粥と似ているものの、多種多様な味つけがある中国のお粥とは全く異なることを指摘した。

 また記事は、ご飯に酢を混ぜて海産物と一緒に食べる「寿司」や、ご飯に様々な食材を乗せる「丼物」があることを紹介しつつ、こうした食べ物は「白飯は決して脇役ではなく、白飯あってこその食べ方」であることを指摘し、同じくコメを食べる文化の中国とは「その食べ方が大きく違っていて興味深い」ことを伝えた。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)